最新のマスコミ世論調査  (2017年6月13日)

NHKの世論調査によると、安倍内閣支持率は-2.8ポイントの48%、不支持は+6.8ポイントで35.5%。政党支持率は自民党が-1.1ポイントで36.4%、民進党が+0.6ポイントの7.9%、公明党は+0.4ポイントで4.2%、共産党は変わらずで2.7%、維新は+0.1ポイントで1.2%、社民党は-0.1ポイントで0.9%となっています。また先週土日の東京新聞調査によると、あなたはどの党の候補者に投票するか?の問いに対し、都民ファーストが22.6%、自民党が5.5ポイント差の17.1%、共産党が7.7%、民進党が4.1%、公明党が3.9%、生活者ネットが0.9%、維新が0.8%となっており、都民ファーストに勢いがみられるとしています。しかし私の本音は小池知事が都民ファースト代表に就任し、自民党離党したことで”ケジメ”はついたものの、そこまでの勢いはないと思っています。豊洲移転問題を含めむしろ袋小路に追い詰められつつあると考えます。劇場型選挙もそろそろ都民には飽きられてきた感があります。

ページトップへ
2006 ASK Co., Ltd. All rights reserved.